2014年06月16日

時吹けば花の如き風の散る


ども。甘いものには目がない方 島田です。

いよいよ迎えた5月10日。

L.PRODUCTS × さくらさくらカンパニー 友情公演が幕を開けました。

各団体の上演時間は、ぎゅぎゅっと凝縮された内容でそれぞれ一時間。あっという間です。
先に上演を終えたL.PRODUCTSの面々。休憩後にそっと客席の最後部に入り込みまして、さくらさんの舞台を拝見させて頂いていました。
流石、関西の方々だけあって、間が絶妙です。あの間のセンス……体得したいものですねぇ。
そして、真剣勝負のじゃんけん対決では、客席巻き込んでの大盛り上がり。実に楽しい時間ですねぇ………と、すっかりお客気分で観ていました。

さて、マチネのお客様を見送った後、二団体で記念の集合写真を撮りますと、お登勢さんの
「男前と一緒に〜」
という声に始まり、各々撮りたい人達との撮影会が始まりました。

ソワレもあっという間です。
ああ、そうそう。やや不審な目で見られながら、袖からの写真もしかと撮影しました。
袖から見ると、こんな感じに見えているんです。正面からご覧になったのとは、また違って見えると思います。
ある意味、貴重かもしれません…(笑)

ソワレのお客様お見送りでは、L.PRODUCTSが劇中で実際に使用していた消えモノ
黍団子を試食として振る舞わせて頂きました。
考案したのは、受付嬢のA嬢。お客様も食べたくなるんじゃないか……と、ナイスなサプライズ!!お客様にも喜んで頂けたようです。
舞台上であれだけ食べたにも関わらず、美味しそうに食べるお客様の顔を見たら、また食べたくなってしまいました(笑) 沢山食べたんですけどねぇ…不思議です。

お客様が少なくなったところで、お客様の撮影に紛れて撮影。
沖田’sを撮る近藤先生をこっそり撮影してみたり、桂さんと写ってみたり。

shima4.PNG

あっという間の一日。


お陰様で、公演は無事に終了しました。
ご来場下さった皆様、誠に有難うございました。楽しい時間を過ごして頂けましたなら、この上ない幸いです。

shima3.PNG

以上、島田がお送りしました。
翌日の高幡不動と日野で行われた路上パフォーマンスの報告書は、山崎さんのレポで!


posted by 山崎烝 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清涼の渡る雲なき空深し


ども。沖田さんに苦い薬を飲ませるのが使命と思っている方 島田です。

大分遅くなりましたが、日野公演の詳細(?)報告をさせて頂くことと相成りました。

仕込みの5月9日。
この日は実にいい天気でした。団子片手にうらうらと川辺を散策したい誘惑に駆られるくらい青空に吹き抜ける風が心地いい。

shima1.PNG

そんな中、明日に公演本番を控えた二団体。
L.PRODUCTSと さくらさくらカンパニーさんは、早朝のホールにて合流しました。
そして、いざ、仕込み!

さあさあ、ちゃきちゃき仕込んで時間押さずに場当たりとゲネを目指しましょう!

……と、意気込んだL.PRODUCTSの面々だったんですが…。

おや?予想以上に手持無沙汰なんですが……???

順調に進んでいるせいか、まさかの手持無沙汰の待機員多数。作業が出来ると、奪い合いとなっていました。
多くはありませんが、これまでに複数の舞台に上がる機会に恵まれた私ですが…こんなスムーズ過ぎる仕込みは初めてで、内心驚きが…(笑)
暇を持て余し、ふらふらしていると、ロビーの脇で 組み立て作業中の さくらさんメンバーを発見。

あれは……あの派手なものは何だろう?

と近づいて見れば、朱塗りの行燈!しかも「カラオケ池田屋」と!!
何やら楽しげなアイテムではありませんか!つい興味津々でしげしげを観察をしとりました。

shima2.PNG

さて、着々と舞台が出来上がり、さくらさくらさん、L.PRODUCTSの順で場当たり&ゲネが開始されました。
この場当たりにて、自分の舞台面での立ち位置や視界、声の具合は勿論、袖での動線などなどを確認するわけですが……。

その最中、不意に過った考えに突き動かされ、自分の作業やらやらの動線確認をしつつ、一緒にあることをひっそりと確認する島田。

一体、何の確認かと言えば……舞台袖カメラスポット。

何と言いますか…舞台袖からの写真を撮ってみたら面白いのではなかろうか?と、思った次第。
正面からが一番綺麗に見えるのは勿論ですがね。まあ、脇からの写真というのは、袖にいなければ見られない光景ですから(笑)

そんな確認もしつつ、ゲネも無事に終えて、ほぼ予定通りに終了。
二団体分にも関わらず、驚異のスムーズさ!これも舞監さんのおかげというものです。

翌日は、いよいよ一日限りの夢の競演!

ということで、一先ずここで筆をおきます。
続きの報告は次号にて。


posted by 山崎烝 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする